蜂の被害が続出している都会に適してた退治法

ビルに蜂の巣を作らせない対策をしておけばラクに退治できる

ビルに蜂の巣を作らせない方法

高層ビルの最上階の高さでも容易に飛行する蜂の集団。蜂の巣ができやすい場所には特徴的なポイントがあり、屋上庭園があるビルは蜂の巣の営巣を防ぐ必要があります。

蜂の巣ができやすい場所

通気口
閉鎖的な場所を好み、出入りがしやすい通気口は蜂にとって好適な営巣場所です。ビルの設備は通気口からダクト管の配管がたくさん通っているので、外敵からの干渉も受けにくく女王蜂も安全に子育てができる場所となります。外からはなかなか分かりにくいのですが、蜂が通気口へ入り込む瞬間を目撃することや、屋内の通気口から蜂の死骸が落ちてきた等で巣があることに気付くことがほとんどです。
建築物の軒先
蜂の習性として、風の影響を受けない場所に巣を作ります。軒先などは風通しも良く格好の営巣場所となります。ビルの場合、エントランスの屋根や窓枠の縁などに巣を作る場合が多くあります。人の目に触れにくい死角に入る部分に作る傾向が多く、高層階に巣を作っている場合や、気がつけば巣が巨大化していることもありうる話です。
エントランスにあるプランターや材木
ビル周りの環境を良くするために低木を植える、屋上庭園を作るというような緑化環境を作ることがあります。メンテナンスを定期的に入れない場合、格好の営巣ターゲットとなります。特に支柱として使っている材木(特に中が空洞になっている竹)をそのままにしている場合や、大きな葉を生やす低木などはアシナガバチ等が巣を作りやすい場所です。また、高層階でも蜂は飛来しますので、屋上庭園も注意が必要です。

ビルの安全対策はビル管理に精通したプロにお任せ

蜂がビルに巣を作った場合、働き蜂が育ち始める梅雨の時期になると人を攻撃する可能性が高まります。人間が蜂の巣に気付かなくとも、巣の近くを歩く人間は攻撃対象とみなされてしまうからです。また、高所に巣を作ることもあるので、蜂の巣を見つけたらできるだけ早く、蜂退治はビル専門の防除業者にお任せすることをおすすめしています。ビル管理に精通した業者なら、高所作業も請け負ってくれますし、見えない部分の営巣でも安全にかつしっかり駆除してくれます。

TOPボタン