蜂の被害が続出している都会に適してた退治法

被害リスクを想定した上で蜂退治をしておくことが大切

都会に発生する蜂の被害とリスクを知ろう

都会に生息する蜂だからといって危険性が低いとは言い切れません。被害のケースやそのリスクを理解する必要があります。

実際に起きた蜂被害の相談事例

高層ビルにまさかの蜂が現れてびっくりしました(45歳/東京都)

職場がある高層ビルの屋上で一服していたら、アシナガバチが集団で飛行していてびっくりしました。ビル屋上のオアシスで樹木も植えられており、巣作りの危険性があるため管理会社に連絡をしました。集団飛行中のアシナガバチはオスばかりですので、刺傷する可能性は低いけれど、女王蜂と交尾をし、巣作りが始まったら状況は変わると聞きました。忌避や蜂退治も考えなければいけないですね。

市街地の小学校・中学校で被害が続出しているようです(52歳/大阪府)

近くにある小学校からアシナガバチの営巣に関するお便りがきました。学区にある小中学校や近所の家で営巣被害が発生しているようです。蜂退治の作業が完了するまで子供たちは校庭で遊べないとのことでした。都会の小学校なのに蜂がいること自体驚きましたし、子供たちが蜂に襲われないことを祈るばかりです。一日も早く駆除が進むことを願っています。

放置は危険!アシナガバチによる死亡事故が増加中

都会でもアシナガバチの被害が年々増加傾向にあります。夏になると蜂の動きが活発化し攻撃性も増します。アシナガバチの巣は低木の枝先や、樹木の葉の裏側に作られます。小さめの巣ですし、子供の手に届く高さを中心に開放的な場所で営巣を行うので、公園などでは巣を見つけたら即アシナガバチ駆除を依頼することをおすすめします。またアシナガバチには集団で攻撃する習性があるので、刺されることによって死にいたることもあります。

アシナガバチが活発になる前に蜂退治が必要

アシナガバチの女王蜂は越冬します。4月中旬ころから活動し、4月後半頃から営巣を始め夏の初めには働き蜂が羽化し巣づくりが本格化します。アシナガバチは基本的におとなしい性質を持っていますが、アシナガバチが危険を感じる距離まで近づく対象に対しては容易に攻撃します。公園で遊んでいる時や庭の剪定作業などで巣に近づいた場合刺される可能性がありますので、アシナガバチが活発化する夏の初めまでには蜂退治を行う必要があります。

TOPボタン